VISION

電力小売自由化は2000年の特別高圧区分から開始しました。
この間、電力業界では2007年に発生した新潟県中越沖地震による柏崎原子力発電所の停止、また、2010年3月に東北地方太平洋沖地震時に発生した巨大津波の影響により停止した福島原子力発電所をはじめとした全国規模での原子力発電所の相次ぐ停止により2度目の電力危機に陥っております。
この様な大変厳しい状況下ではありますが、お客様への更なるサービスを拡大させて頂く為、
リエス株式会社は2011年12月に経済産業省へ特定規模電気事業開始の届出を実施いたしました。
今後、電力事業の規制緩和や法改正等が予想される中、新たな独自サービスを模索し続け、 お客様と供給側とのバランシングサポートやお客様へのフォローアップに加え、省エネルギー提案(ESCO事業等)や国内排出権取引などお客様の省コスト、省エネルギーのお手伝いも積極的に実施させて頂いております。
今後も、今まで以上にお客様サイドに立ったエネルギーサービスを提供し、最大のメリットをもたらせる企業を目指します。
                                  
リエス株式会社