電力自由化の流れ
2000年、日本の電力は規制されていた市場から、特別高圧区分をスタートとし自由化になりました。
その後も電力自由化は進み、2004年、500kW以上の高圧区分(定量制の需要家)2005年、50kW以上の高圧区分(実量制の需要家、原則高圧受電)と、 現在は63%の電力が自由化になっております。